大脱走
パスワード忘れてログインできない!


【はみだし大脱走】
あんかけチャーハン食べたい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
帰ってきたドラえもん
ドラえもん短編映画。ネタバレなタイトルには文句があるものの、とってもいい作品。

いつも通りジャイアンにいじめられるのび太。「仕返しをする道具を出して」とねだるのび太にドラえもんは言います。「1人で出来ない喧嘩ならするな!」
いつもと違うドラえもんの様子に驚くのび太。「のび太くん、実は、ぼく…」
ドラえもんは22世紀に帰らなくてはいけなくなったのです。

ドラえもんと離れるなんて絶対に嫌だ!と泣き喚いて大騒ぎするのび太。家族そろって最後の食事の時も、ひとり押し入れに閉じこもって泣いています。
迎えに来たパパと、亡くなったおばあちゃんの話をするのび太。
そうだ、強くならなきゃ。
みんなで最後の食事をします。無理に明るく振舞うのび太に涙…。

2人で過ごす最後の夜。眠れない2人は散歩に出かけます。のび太のことを心配するドラえもんに、のび太は言います。「ドラえもん、心配いらないよ。1人で何でも出来るよ。だから、安心して未来へ帰ってね」
なんていじらしいんだ、のび太。
涙を見られたくないドラえもんは「トイレに行く」と言ってその場を立ち去ります。ロボットだからトイレなんて行く必要ないのに。
いつまで経っても戻ってこないドラえもんを心配して探しに行ったのび太は、運悪くジャイアンに出会ってしまいます。昼間の喧嘩の続きを挑んでくるジャイアン。

思わずドラえもんを呼びそうになってしまうのび太。でもハッと思い直して「喧嘩はドラえもん抜きでやろう」と自分だけの力でジャイアンに立ち向かっていきます。
殴られても蹴られても立ち上がってくるのび太。「ぼくだけの力で君(ジャイアン)に勝たないと、ドラえもんが安心して帰れないんだ!!」えらいよ、のび太。友達を思う気持ちがのび太を強くしたんだなー。

のび太の粘りが、ついに勝利をもたらします。心配して見に来たドラえもんに「勝ったよ、ぼく。見ただろドラえもん。だから安心して未来に帰ってね」

疲れて眠ってしまうのび太。ドラえもんはその寝顔を見つめながら別れを告げます。もう涙で前が見えない。
「のび太くん、さようなら…」
ドラえもんがいなくなって沈んでいたのび太のところに、ジャイアンが息せき切って駆け込んで来る。「今、そこでドラえもんに会ったぞ」
大喜びして歓迎のドラ焼きを買いに行くのび太。「ドラえもん、喜ぶぞ!」
ところが、それはエイプリルフールの嘘。ジャイ&スネは騙されたのび太を見て大笑い。

あまりの残酷な嘘に怒ったのび太は、ドラえもんが残していった最後の道具を使う。しゃべったことがすべて嘘になる道具「ウソ800」を使って、ジャイアンに仕返しをするのび太。でも、仕返しの虚しさに気付いて、途中でやめる。のび太のこういう優しいところがいいんだよなー。

また1人になって寂しくなったのび太は呟く。
「ドラえもんは、もういないんだ…。もう帰ってこないんだ」

肩を落として自分の部屋に戻ると、そこにはなんとドラえもんが!
「ドラえもん!どうして?」
「ウソ800を飲んで、ぼくが2度と帰ってこないと言ったでしょ」
喜びの涙でくしゃくしゃになりながら、のび太は言う。
「嬉しくない!これからもずっとドラえもんと一緒に暮らさない!」

これ見ると、いつも5回は泣いてしまう。
ドラえもん : comments(10) : trackbacks(4) : posted by
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








この文章を読み終わった瞬間、一人で拍手喝采してしまいました。
文学ですね。
posted by bobby : 2005/02/02 11:38 AM :
トラックバックさんきゅー。
ドラえもんって、ほんとにいいもんですねー。
ドラえもんのある時代に生まれてよかった。
posted by 量産型サラリーマン : 2005/02/03 12:04 AM :
子供の時に無邪気に観ていたドラえもん。

大人になり考えさせられるものがたくさんありますね。
ドラえもん僕に『どこでもドアを出して〜』大人に
なりきれていないfeeledgeでした。
posted by feeledge : 2005/02/09 12:45 AM :
トラックバックありがとうございます。

大人になってから読んでも楽しめるドラえもん。
藤子先生が「子供向けだから」といい加減に描いていない証明ですよね。本当に上質の作品だと思います。
posted by 量産型サラリーマン : 2005/02/09 8:58 PM :
ああ、懐かしいな。
偶然、少し前にこの巻(6巻〜7巻)の話を友達としていたところです。何度読んでもないちゃうんだよねー、って。

そんな私の本棚にはドラえもんの総集本が。
posted by salsa : 2005/02/10 12:22 AM :
布団で寝るのび太の寝顔を見ているドラえもん。
次のコマは、まったく同じ構図。でもドラえもんはいない。

この描き方にすごくシビレました。
posted by 量産型サラリーマン : 2005/02/10 1:49 AM :
TB返し有難う御座います

この記事を読んで思い出して、帰ってきたドラえもんとのび太の結婚前夜をまた観ました^^

何回観ても良いものは良いですね
posted by tsuyoshix : 2005/03/15 11:54 PM :
その2本を連続で見るとは…!
涙が枯れ果ててしまうのではないですか?(笑)
posted by 量産型 : 2005/03/16 9:35 PM :
TBありがとうございました。
「帰ってきたドラえもん」も「おばあちゃんの想い出」同様、後で観たいと想います。
またブログにお邪魔しますね。
posted by タオ : 2007/01/10 10:45 AM :
俺も「のび太の結婚前夜」大好きです。
しずパパは泣かせますね。これ見て泣かない人とは仲良くなれない気がします(笑)
posted by ぼん : 2007/01/10 11:54 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kotae.jugem.jp/trackback/242
「のび太くんを信じなさい!  のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。  あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。  それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。  彼なら、まちがいなく君を幸せにしてくれると
: Route 111 ! : 2005/02/02 11:39 AM :
ドラえもん映画史上1,2位を争います ふと時間があり、『のび太の結婚前夜』を観た。 いや〜、これ何回見ても泣けますね。
: ドアをノックするのは誰だ!? : 2005/02/09 12:40 AM :
コロコロ世代なら必須アイテムと言われ...
: netoasis β : 2005/02/24 3:08 PM :
以前にドラえもんの記事を書いた際、トラックバックを通じてこんなにも多くの人がドラえもんの事を書いているのかと驚きました。そこで今日は改めてドラえもんについての話題、自分の好きなドラえもんについてと、新ドラえもんについて少しだけ書きます 好きなドラえ
: よいこの日記 : 2005/03/14 11:44 PM :
あわせて読みたい
<< NEW : TOP : OLD>>